現代と過去の居酒屋

現代と過去の居酒屋

日本におなじみの居酒屋ですが、過去と現在の居酒屋の感じ方は変わってきているのかもしれませんね。
過去の居酒屋と言えばどんな感じだったのか。偏見かもしれませんが、過去の居酒屋と言えば個人経営で元気な店主が迎えてくれて、焼き鳥を焼いているイメージ強いですね。今の居酒屋といえば、チェーン店でお店があり、入り口を入ると店員さんが迎えてくれて、席まで案内してくれるのが今の居酒屋のイメージですね。
今と昔のイメージはだいぶ変わってきているかもしれませんね。

 

 

 

昔の居酒屋にはビールか焼酎、日本酒と言ったイメージですが、今のお店はどんなお酒もおいてある感じです。
そして料理ですが、昔は基本的におつまみは和食の物。焼き魚や枝豆、煮物に刺身ですかね。今のお店は種類豊富に和洋いろんなものを取り入れていますね。いろんなものがあって目移りするぐらいですね。

 

 

 

そして、現代も過去も変わらないですが、居酒屋を利用する状況は変わりませんね。歓迎会をしたり、友達との飲み会の場であったりしますね。
今の居酒屋も昔の居酒屋も行く人にとっては憩いの場の感じがしますね。

 

 

 

個人が経営している飲食店はありますが、居酒屋になると少なくなってきていますね。また個人経営でしている居酒屋も増えてきてほしいものですね。
威勢のいい店主がお店に入ると挨拶してくれて、元気に接客してくれる姿を見たいものです。

 

 

 

今の日本の景気では難しいのかもしれませんが、それでも生き残ってこれるのは老舗ならではであり、常連がいないと厳しいのかもしれません。
今でも生き残ってる昔からの居酒屋さんは大事にしないといけませんね。

 

 

現代と過去の居酒屋関連エントリー

居酒屋って何?
居酒屋って何?
居酒屋は元気じゃなくちゃ
居酒屋は元気じゃなくちゃ
居酒屋ってこういうところ
居酒屋ってこういうところ
居酒屋今昔
居酒屋今昔
居酒屋と言えば
居酒屋と言えば
居酒屋は安くなくちゃ
居酒屋は安くなくちゃ
胃腸がいたんだら?
胃腸がいたんだら?
居酒屋のコース料理
居酒屋のコース料理