居ぬき物件

居ぬき物件

自分の飲食店を持ちたい、と飲食店を経営することに憧れを抱く人は多い事だと思います。
いつかは自分でお店を出そうと思っていても、自分の人生の中での飲食店に関わる事と言えば、学生時代に飲食店でホールのアルバイトをしたことくらいで、その他の知識は一切持ち合わせていない。

 

勿論飲食に関する専門学校や経営のノウハウを学ぶ学校にも通っていない。
飲食経営とは関係の無い文学部や法学部を卒業して他の人と同じように一介のサラリーマンとして会社に入って働いている。
そんな人でも飲食店を経営することは出来るのでしょうか。もちろん飲食店を経営することは出来ます。

 

確かに一から物件を探して人脈作りをし、厨房設備を整えて食器類を買い揃えるとなるとかなり大変です。
しかしそこでお勧めしたいのが居抜き物件です。
居抜き物件とは、前の借主が飲食店として借りていたお店をそっくりそのまま借りてしまうことです。

 

勿論自分の好きな内装にするためには別途工事が必要になってきますが、少し位我慢すれば、内装費や備品に係るお金を節約することが出来ますし、時間も短縮出来ます。
サラリーマンの多くは平日のお昼はお仕事をしているため、時間の融通が利きません。

 

工事が平日のお昼になってしまうと、会社を休まなければいけなくなってしまいますよね。
しかし居抜き物件の場合は、必要な書類を保健所等の然るべき場所に提出して許可を貰えれば直ぐにオープンすることが出来ます。
居抜き物件を利用して、早速あなたも憧れの飲食店を開業しませんか。